MENU

Mac初心者OLがMacBookProを購入するまで その2

2018 8/23
Mac初心者OLがMacBookProを購入するまで その2
目次

MacBookの違いについて

MacBookを購入しようとして調べると、Air?Pro?なんですかそれ?という状態になりました。スペック一覧表や比較表を書いてあるサイトはたくさんありますが、ぱっと見てもあまりよくわからない。そんな方向けにざっくりとしたものを作ってみました。
※あくまで個人の主観ですので、間違っていてもご了承くださいね。

MacBookAir

  • お手頃価格
  • 林檎が光る
  • 小さい、軽い

MacBookシリーズの中では一番お手頃価格。10万円を切ってます。コストパフォーマンスだけ見るとこのAirが一番いいのではないでしょうか。
ただしデメリットとしては、画面の解像度が低く、Retinaディスプレイではありません

Retinaディスプレイって?
ざっくり言えばめちゃくちゃ綺麗で見やすいディスプレイ画面のこと

ちなみに家電量販店へ実際に見に行きましたが、MacBookAir単体で見ると「Retinaディスプレイじゃないこと」は全く気になりませんでした。しかし、後述するRetinaディスプレイ搭載のMacBookとMacBookProと見比べると確かにめっちゃ違うな…と思いました。同じ画面を表示しても鮮明さや色合いが全く違います。

ディスプレイやその他スペックなどの違いはひとまず置いておいて、お手軽にとりあえずMacを持ってみたい!という方はこちらのAirがいいんじゃないかと思います。

MacBook

  • Retinaディスプレイ(綺麗)
  • 色の種類が多い
  • 全体的にAirよりスペックが上

Airとの間には機能面で大きな差があり、まずはディスプレイ。あとはトラックパッドやRAM、カメラなど、全体的にスペックが上回っています。当然ですがお値段も上回っています。また持ち運びやすい12インチも魅力的。フォトショやイラレ、映像作成などをしない方で「どうせMacを購入するなら綺麗なディスプレイがいい!」という方はこちらのMacBookがいいと思います。

MacBookPro

  • MacBookシリーズ最上位モデル
  • なんでもできる
  • touchbar付モデルはProだけ

MacBookシリーズの中で最上位モデルのこちらは、とりあえず買えばなんでもできます。プログラミングもフォトショイラレもお手の物。動画作成だってお茶の子さいさいです。Retinaディスプレイなのはもちろんのことですが、その分お値段もグレードアップ!
上記したソフトを使う予定のある方、もしくは「うるせぇ!とにかく一番ええやつ持って来い!」という方はProをどうぞ。
あとは何が便利なのかいまいちよく分からないtouchbar付きモデルはProしかないので、もしtouchbar付が言い方は迷いなくPro一択です。

TouchBarなし

TouchBarあり

実はどれを選んでもなんでもできる

「Airを選んでしまうと選択肢が狭まる」というわけではありません。例えばMacBookAirを購入したとしても、動画編集やプログラミングはできます。しかしながら、スペックの問題上動作がもっさりしたり、書き込みに時間がかかったりするわけです。
ですので、いかに快適に使用できるかという違いになります。

新しいパソコンでしたいこと

パソコンを買うにあたって、よく聞くのはやりたいことによって必要なスペックを見極めよう、というもの。3種類のMacBookの中から1つ選ぶ前に、一度深呼吸をして落ち着いて、自分が新しくパソコンを購入してやりたいことを今一度考えてみることにしました。勿論ですが決して安いお買い物ではありません、慎重に決めるのです……。

  • WordPressを使用したブログの運営
  • ネットサーフィン
  • 動画鑑賞

以上の3つが私の主な使用内容です。多分ひねり出せばもう少したくさんあるかもしれませんが、どんな状況でも多分やるだろうっていうのはこのくらいです。正直なところ、私がやりたいことだけを見るとMacBookAirもしくはMacBookで十分事足りますよね。さて、私が選んだのは一体何BookProなんだ……。

選ばれたのはMacBookProでした

「13.3インチMacBook Pro 2.0GHzデュアルコアIntel i5 Retinaディスプレイモデル – スペースグレイ」です。ちなみに整備品で購入しました。今だから思うことですが、メモリは8GBじゃなく16GBのものを買えばよかったです。

上であれだけスペックの違いや選ぶコツなんかをつらつらと書いておいてその結果がコレだよ!という声と共に石が投げられてきそうです。
私の勝手な価値観なのですが、

値段の差 = 快適さ

です。これは何でも適用されるわけではなく、使用頻度の多いものやこだわりを持ちたいものに関しては、差額で快適さを買うという考えで購入します。ちなみにカメラ選びでもその考え方は当てはまりましたので、少しいいカメラを購入しました。

Canon EOS KISS X8iを選んだ理由

2017年8月6日

今回の場合、私の中でパソコンは使用頻度が高く、またこだわりたいものですので今回はMacBookProを購入することとしました。あと加えるならば、もし今後動画編集やプログラミングなどをやってみたいと思ったときに、いつでも挑戦できる環境でいたいと思ったというのもあります。「あの時Proにしておけばよかった…」と後悔したくないというのが正直なところ。オーバースペックということはないかと思います。購入をきっかけに新しいことにチャレンジするのも一つじゃないですか!

結論:大は小を兼ねる

購入してみた感想

操作感や初期設定い少し手間取ったものの、自分好みに作り変えていく感じがたまらなく好きです。少し懸念していたバッテリーの持ちも問題なく、画面も綺麗。あと驚いたのはフォントの読みやすさ!Windowsとくらべてとても滑らかで見やすく、これにはフォント警察もにっこりです!!自分のブログを見たときに少しおしゃれなブログに見えました。
宝の持ちぐされ、豚に真珠という言葉が聞こえてきそうですが、使いこなせるように日々精進したいと思います。

これだけは言わせてほしい、MacBookProはいいぞ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

勢いと衝動でのみ行動する関西在住の干物OL。三度の飯よりゲームが好き。

目次
閉じる