インスタントラーメン発明記念館

2018 3/22
インスタントラーメン発明記念館

みなさんこんにちは、moecaです。今日はカメラを持って初めてのお出かけについてレポートしようと思います。

目次

はじめてのお出かけ先は…!

先日、吹田市にあるインスタントラーメン発明記念館へ遊びに行ってまいりました。彼のお誕生日だったのですが、どうするか話し合った結果「体験工場へ行きたい」と。

選択肢として残ったのがビール工場かカップラーメン工場かで、最終的にこちらへ決まりました。誕生日にそれでいいの?と言うお言葉が聞こえてきそうですが、晩御飯にちょっといい焼肉屋さんへ行ったので結果オーライです。

画像

画像

入口付近にはインスタントラーメンを発明した安藤百福 (あんどう ももふく)さんの像が立っていました。

早速入館

画像

今までの発売されたインスタント麺がずらりと並んでいました。チキンラーメンから始まり、カップヌードルが追加されどん兵衛も途中から出てきて……と、左から右にかけてインスタントラーメンの歴史を追うようにできています。

パッケージや味も少しずつ変化しているようで、歩きながら見ていると、中には「あ!これ懐かしい!」というものもいくつかありました。

マイカップヌードルファクトリー

画像

でかいカップヌードルの断面図がお出迎え。

この日はどこかの小学校の遠足と被っていたようで、周りは小学生(と多少の外国人観光客)ばかり。その中で黙々とカップヌードルの容器にイラストを描く成人二人はどこか異様な光景だったでしょう。

なお、二人してカメラをぶら下げているので外国人観光客に間違えられ、英語のプレートで説明されたときには笑いました。

「バリバリの日本人です!」

 

画像

画像

カップヌードルを作成するブースの壁には世界各国のカップヌードルがずらり。正直こんなに詰む必要ある?と思いましたが、圧巻でした。

尚、下からのアングルは可動式のモニタがとても役に立ちました。しゃがんでカメラをしたから上へ向けながら、モニタでチェックしつつ撮影することができました。

 

いよいよ中身のチョイス!

画像

画像

 

4種類あるスープの中から1つ選び、10種類ある具材の中から好きな4種類を選んで、オリジナルのカップヌードルを作ることができます。例えばネギがとても好きな方なら「ネギ・ネギ・ネギ・ネギ」とかもOKです。

 

画像

(左)私…チリトマト/コロ・チャー、にんにく、ねぎ、キムチ

(右)彼…カレー/たまご、キムチ、にんにく、チーズ

辛い物が好きなのでひたすら辛くなりそうな組み合わせにしてみました。この選んだ具材の女子力のなさ……ちなみに彼はもう慣れたのか特にリアクションはありませんでした。

ちなみに期間限定の具材というのがあり、一定期間で入れ替わっているようです。確かこの時はイカでした。マンメンミ!

パッケージング

画像

フィルムが巻かれ、熱風の機械の中を通り、無事に完成と相成りました。

ちなみに小学生の大群に急かされ、完成後の写真はございません。「お兄ちゃんとお姉ちゃん終わったらどいてー!」「おっけー!」

チキンラーメンファクトリー

画像

さて、お次はここでチキンラーメンを作ります。4人1組に分けられ、製麺作業を行います。基本的には小麦や水などをこね、麺を伸ばす機械でくるくるとハンドルを回してどんどん生地を細く長く伸ばしていく、といった作業です。ちなみにカッティングまでここで行いました。

ちなみに、4人に対して1人スタッフさんが付いてくれるのですが、USJの綾小路麗華、またはジョーズの船上員を彷彿とさせるハイテンションでとても楽しかったです(分からない方はごめんなさい)。あの時のお姉さん、本当にありがとうございました!

尚、こちらの作業自体は食品を扱う関係上撮影ができませんでしたので、気になる方は是非体験してみたください(ダイマ)

麺を揚げる

画像

私たちが四苦八苦しながら丹精込めて製麺したものを、スタッフの方々がガラスの向こうで綺麗に型へとつめてくれます。

画像

麺を油へシューーーーッ!

画像

画像

「24番さんたちのチキンラーメンですよー!」

と、カメラに気付いたお兄さんがシャッターチャンスを作ってくれました。このお兄さんの満面の笑み。いかがですか。

揚がった麺をパッケージングして、完成です!

画像

ちなみに、揚げたての麺で余ったものをその場で食べさせてもらいました。これがまた……はぐー!うまんい!

帰り際に

画像

お土産ショップの天井付近にチキンラーメンのヒヨコちゃんがいたんですが、どことなく漂うこの狂気。思わず写真を撮ってしまいましたが、実際はもう少し暗かったのでよりクレイジーでした。

 

画像

そして出口にぽつんと置いてある謎のオブジェ。なぜ化石と共にカップヌードルなのか。

さいごに

周りが小学生だらけだった時は正直どうなることかと思いましたが、スタッフの皆さまの笑顔溢れる暖かい対応に、とても楽しい時間を過ごすことができました!

特にカメラを持っている人間に対して、シャッターチャンスを作ってくれるスタッフさんがたくさんいて、初めてのお出かけ撮影がここでよかったなぁ、と思いました。

入館料はなく、カップヌードルやチキンラーメンの作成体験のみに料金が発生するという実にリーズナブルな施設です!お近くの方は是非♪

大阪府池田市満寿美町8-25

インスタントラーメン発明記念館

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次